オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

買いたい銘柄は出てきたが……

      2014/11/09

今日の保有株含み損益は前日比-2,000円となりました。

アサンテが前日比-20円の1309円。
アルバイトタイムスが前日比±0円の255円と推移しています。

アサンテが相変わらず軟調ですね。
ただ、板は徐々に強弱拮抗の状態に近づいてきているので、そろそろ下げ止まるかもしれません。

アルバイトタイムスは現在、強弱拮抗の状態になっていますが、こちらは買い板が結構厚いので、そろそろ反発してくれるんじゃないかなと思っています。

あと、今回の下落で、ちょっと買いたい銘柄が出てきました。
その銘柄は割安、且つ、成長性があるという事で、つい最近新たに監視し始めたのですが、実は今までの自分が投資対象外にしていた海外売上高比率の大きい企業なんですよね(

買いたい気持ちはあるのですが、今までと違う事を始めようとしているという事である故に、もう少し、じっくり考えたいという気持ちもあり、中々微妙なところです←
……とりあえず、今週末にゆっくりと考えて、来週の初めには結論を出したいと思います(

さて、続いては市況について。

今日も日本市場は軟調でしたね。
ただ、今日は今までみたいな全面安では無く、JQ平均とマザーズ指数が反発したんですよね。
……さて、これをどう見るかです。

JQやマザーズといえば、中小型株が多く、個人投資家の売買が活発な市場ですが、これが反発したという事は少なくとも、個人はそこそこモチベーションがあるとみてもいいのでしょう。
問題は、そのJQとマザーズのみが反発したという事。

これを、《個人だけが強気で大口は弱気》と取るか、《中小型株が底堅く、悪い流れではない》と取るか……さて、どっちが正解なのかな?

投資主体別売買動向 / トレーダーズ・ウェブ

……とりあえず、先週は信託銀行や外国人投資家が買い越していたようですが、今週はどうなんでしょうね。

売買代金(東証1部)は1兆8400億円程度と、そこそこの盛り上がり。
東証1部騰落レシオ(25日)は前営業日比-6.14%の107.29%とまたまた大きく下落しています。

過熱感はどんどん解消されていってますね。
良い流れです。

さて、今日の米国市場はどうなるやら……

今日は特に影響力の強い経済指標の発表等が無い為、その点ではぶれることが無さそうですね。
昨日はポルトガルの金融問題によって、大きく下落した米国市場ですが、今日もそれを引きずってしまうのか如何に注目ですね。

……ああ、そういえば、今日はあのウォーレン・バフェットが主力においているウェルズ・ファーゴ(WFC)の決算発表もあります。
ウェルズ・ファーゴはアメリカでトップクラス(というか時価総額トップ)の金融機関ですので、その動向次第では米国市場に影響を与えるかもしれませんね。

以上、7/11の評価損益でした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m



 - 日記

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*