オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

日経平均は15000円の大台を回復するも、ポートフォリオは反応せず。

      2014/11/09

今日の保有株含み損益は前日比-37,617円となりました。

アサンテが前日比-10円の1226円。
Minoriソリューションズが前日比+5円の1070円。
エレコムが前日比-7円の2159円と推移しています。

日経平均は15000円の大台を回復したものの、自分のポートフォリオには全く響かなかったようで、ポートフォリオは反落となりました。
まぁ、自分のポートフォリオを構成する銘柄は市場からあまり注目されていない地味な銘柄が中心なので、こういう事は日常茶飯事です。

大型株の上昇が一服した後に、ゆっくりと見直されてくれればいいかな・・・と思います。

さて、続いては市況について。

今日は前述のとおり、日経平均が終値で15000円の大台を回復しました。
また、日経平均以外も堅調で全面高となるなど、全体的にリスクオンに傾いてきた印象があります。

指数的には、日経平均・TOPIX・JQ平均・東証2部指数が0.5%以上1.0%未満の上昇とそこそこ、マザーズ指数は頭一つ抜けており2.5%の大幅上昇となっています。
なお、今日の上昇によって、TOPIXは9日続伸、マザーズ指数に至っては11日続伸となりました。

売買代金(東証1部)は2兆30億円と、ギリギリながらも活況のメドとされる2兆円を超えてきました。
東証1部騰落レシオ(25日)は前営業日比+3.84%の119.09%と上昇しています。

盛り上がってはきましたが、同時に過熱感も台頭してきていますね。

さて、明日はどうなるやら・・・

今日はアメリカの方でそこまで大きなイベントは無い為、米国市場の素の動きがどうなるかですね。
昨日は「ISM製造業景況感指数の発表」の際に色々とありすぎてバタバタとしていた米国市場でしたが、一日空けて落ち着いた(であろう)今日、どんな動きをするかに注目です。

以上、6/3の評価損益でした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m



 - 日記

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*