オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

成長性分析・その1-成長ストーリー分析-

      2015/04/04


自分は、銘柄分析をする際には、株価指標(PERなど)や財務指標(ROEなど)に関する定量分析を重視していて、定性的な側面の強い《ビジネスモデル分析》と《成長性分析》に関しては、少し蔑ろにしていた部分がありました。
(成長性に関しては定量的な部分もありますが、今まではざっくりと分析するだけでした。)

しかし、最近、ゆうゆー投資法 さんや、すぽさん投資ブログさん、エナフンさんの梨の木さん、などを読み出し(ないしは読み返し)たりしているうちに、レベルアップには、もっと企業の事業や成長性についても勉強しないといけないなと思い、最近はそっちの勉強に少し時間を割いています。

で、今回はその勉強したことについてをアウトプットする為に、こんな記事を書いてみました←
これから暫くは上記ブログやお気に入りブログで学んだことを基本に、ちょいちょい独自解釈を入れながらビジネスモデルの分析や成長性に関する分析についてを書いていきますので、もしよろしければご覧ください。



ということで、昨日に引き続き、勉強した内容に独自解釈を加えてアウトプットしていきます。

今回は成長性分析の概要と、《成長ストーリー分析》ついて書いていきます。

↓第1回のビジネスモデル分析に関してはこちら
ビジネスモデル分析

2.成長性分析について

2-1.成長性分析とは?


読んで字のごとく、成長性という観点から企業を分析し評価する方法です。
先に解説した《ビジネスモデル分析》と類似していますが、あちらは事業内容・事業戦略の定性分析、こっちは成長ストーリーの定性分析や、成長性を測る指標を用いた定量分析を行います。
(これはあくまでも個人的な解釈なので、悪しからず。)

ビジネスモデル分析、成長性分析、どっちが欠けてもダメで、両方を活用することで始めて力を発揮します。

2-2.成長ストーリー分析(定性分析)


事業の優位性や事業の拡大余地から、今後の成長ストーリーを分析する方法です。
成長ストーリーにもいくつかのパターンがありますので、次からはそれぞれの成長ストーリーについて書いていこうかと思います。

2-2-1.成長ストーリー・その1 -事業エリア拡大型-

事業エリアを拡大していき、売上・収益を伸ばしていくという成長ストーリーです。
自分の投資候補業種のうち、サービス業・小売業・卸売業・建設業、といった業種に属する銘柄は、このストーリーを持っていることが多いですね。

「ある特定の地域で儲かっているのなら、エリアを拡大すればもっと儲けが出るよね?」という、非常に単純な考え方ですが、わかりやすく、かつ、効果的な手法なので、個人的には好きな成長ストーリーですね。

上場企業では、ニトリHLDG・ファーストリテイリング・セブン&アイHLDG、といった超有名企業も、この成長ストーリーを持っていましたね。
(上記企業はそれに加えて、後述の知名度上昇型も併せ持っていたと思いますが。。)

拡大余地が無くなった時にこの成長ストーリーは終焉を迎えるのですが、その条件が日本全国制覇(あるいは全世界制覇)ですので、投資開始時点でだいぶエリア拡大が進んでいなければ、恐らく、何十年持ってても、ストーリーが崩れることはないかと思われます。
(勿論、途中で業績が急激に悪化したりした場合は、この限りではありません。)

保有銘柄では

・静岡地盤で、最近徐々に事業エリアを拡大しているアルバイトタイムス(2341)。
・北陸3県地盤で、徐々に全国展開を目指す北陸電気工事(1930)。
・東日本を中心にまだ拡大余地を残すダイサン(4750)。
・西日本を中心にまだ拡大余地を残すアサンテ(6073)。

がこの成長ストーリーを持っています。

なお、ビジネスモデルで、ブルーオーシャン戦略・トップシェア戦略、を採っている企業がこの成長ストーリーを持っていると《ライバルがいない(ライバルを圧倒できる)、且つ、事業の拡大余地が非常に大きい》という状態になる為、とんでもない成長に期待することも可能となります。

2-2-2.成長ストーリー・その2 -知名度向上型-

会社知名度・商品知名度が上がり、売上・収益も伸びるという成長ストーリーです。
自分の投資候補業種のうち、電気機器・情報通信・サービス業・小売業、といった業種に属する銘柄は、このストーリーを持っている可能性がありますね。

知名度は低いが質の良いサービスを提供していた企業が、口コミで広がったり、メディアで放送されたりで人気が沸騰し一気に知名度が上がるパターンと、地味に広まって、じわじわと浸透していくパターンの2パターンがあります。

人気が沸騰するパターンとしては、ガンホー(パズドラ)だったり、mixi(モンスト)だったりが有名ですね。
爆発力はすさまじいのですが、人気沸騰後は安定性が全くない上に、投機的な取引が活発になり、且つ、超高PERになる傾向がある為、人気沸騰前に運よく仕込めたとき以外では関係のないパターンです(

じわじわと浸透していくパターンはいろんな企業で見受けられますね。
というか、前述の《事業エリア拡大型》と複合するパターンも多いので、なんも考えてなくても、このパターンが付いてきたりすることもあります(

ビジネスモデルで、ブルーオーシャン戦略・ニッチ戦略・プラットフォーム戦略、を採っている企業がこの成長ストーリーを持っていると《ライバルがいない(ライバルを圧倒できる)、且つ、知名度の向上と共に収益の向上が見込める》という状態になりますので、強いですね。

2-2-3.成長ストーリー・その3 -価格転嫁型-

難しく書きましたが、ただの値上げです←
とある市場を1社で独占している企業や圧倒的なブランドを持つ企業ができる手法で、商品価格を釣り上げるという方法を使って売り上げと収益を伸ばすというストーリーです。

通常、値上げしたら、他社の代替品を消費者が選ぶようになってこの戦略は失敗に終わるのですが、圧倒的なブランド力を持つ企業、そこでしか手に入らない商品を持つ企業がこれを行った場合は、消費者はそこでしか買うしかなくなる為、この戦略を採ることによって収益を上げることが可能となります。

ただし、独占状態が終焉を迎えた時、ブランドが凋落したときには一気に収益が悪化します←

ビジネスモデルで、ブルーオーシャン戦略・ニッチ戦略・プラットフォーム戦略、を採っている企業がこの成長ストーリーを持っていると《ライバルがいない(ライバルを圧倒できる)為、自由に値上げができる》という状態になりますので、一気に収益を向上させる可能性があります。

2-2-4.成長ストーリー分析のまとめ

・成長ストーリー分析は事業の優位性や事業の拡大余地から、今後の成長ストーリーを分析する方法である。
・事業エリア拡大型が一番わかりやすく、限界も読みやすい。
・知名度向上型の中でも、人気沸騰パターンには注意が必要である。

以上、成長ストーリー分析についてでした。
次に書く、《成長性の定量分析》でこのシリーズは完結としますので、保有銘柄分析はもうしばしお待ちください。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 - 投資方針

  関連記事

コンセプト
今後の方針の決定とそれに関わる新規銘柄の購入について

どうもこんばんはVisionです。先週の事案←から1週間ほどたって、ようやく今後 …

チェンジ
今後の投資スタンスと、ブログの方針について

先日、《自分がブログ移転を決意した3つの理由》という記事を書きましたが、自分はそ …

no image
続・保有銘柄と投資対象銘柄について


no image
投資スタンスについて


no image
投資スタンスの整理


no image
個人的信用取引ルールVer.1.10


no image
投資対象銘柄の探し方・買い方について


no image
成長性分析・その2-成長性の定量分析-


2015
2015年相場スタート

どうもこんばんはVisionです。タイトルの通り2015年相場が始まりましたが、 …

no image
ビジネスモデル分析


Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*