オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

サイネックスが3Q決算を発表

   


決算どうもこんばんは、Visionです。
本日は保有銘柄であるサイネックス(2376)が3Q決算を発表しました。

今回の記事ではその内容を精査し、今後どうするかについて書いていこうかと思います。

決算内容



平成27年3月期 第3四半期決算短信 / サイネックス

業績

売上高が前年同期比+11.6%の82.69億円。
営業利益が前年同期比+10.5%の5.66億円。
経常利益が前年同期比+19.9%の6.85億円。
純利益が前年同期比+22.8%の4.49億円。
EPSは前年同期比+22.8%の81.23円となっています。

前回の2Q決算では売上高・営業益が10%弱増、経常益・最終利益は20%増益という内容でしたので、3Qもほぼそれに沿った感じで着地しましたね。
なお、円安による原材料費の高騰のせいか、原価率は前年同期よりも3%ほど悪化しています。
今後、原油安の影響がプラスに出るのかマイナスに出るのかについてにも注目したいところですね。

バランスシート分析

現金が前年同期より2億円増加(前年同期比+5.5%)。
売掛金が前年同期より0.3億円増加(前年同期比+4.8%)。
棚卸資産が前年同期より0.9億円減少-33.7%)となっています。

売掛金はやや増加しましたがそこまで急激に増加したわけでもない為、特に問題は無いかと思います。
逆に棚卸資産は減少しましたが、こちらは営業キャッシュフローにプラスに働きますので良い材料となりますね。

その他留意事項

・《プリントメディア事業》の売上高は対前年同期比6.6%増の57億3100万円。
・《ITメディア事業》の売上高は対前年同期比24.8%増の25億3800万円。
・《ふるさと納税の一括業務代行》に関する協定は、第3四半期連結累計期間で12自治体と締結済み。

今後の方針


とりあえず、決算内容には満足できたので現物はホールドを継続する方向で行きたいと思います。
売り損ねた信用保有分に関しては……まぁまた近いうちにタイミングを見て売ろうかなぁと思います。

以上、保有銘柄の決算状況についてでした。
ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 - 日記

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*