オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

最近やる気が起きない……w

      2014/11/09

最近の休日のブログの更新状況や、平日の記事からも何となくわかるかもしれませんが、最近、株に対するモチベーションが低いです←

(個人的)○○の測り方シリーズを更新しようとしてもどうにもやる気は起こらないし、銘柄分析をしようと思っていてもやる前から心は折れるし、新規の銘柄を発掘しようにも魅力的に映る銘柄が無いし……と、八方塞がりですw

ちなみに、これは最近になって初めて陥った症状では無く、いつもある事が起こっている時には必ず自分はこうなります。

……まぁ、答えを言っちゃうと、上昇相場になって株価が上昇している時なんですけどね←

株価が上昇していると、当然、調整相場の時よりも割安性を持った銘柄が少なくなります。
調整相場の時は、《良い銘柄たちの中から、さらなるお宝を見つけ出す感覚》なんですが、最近のような堅調な相場だと、《普通の銘柄たちの中から、相対的に見て良さそうな銘柄を見つけ出す感覚》になっちゃうんですよね。

……まぁ、これに関しては、単純に自分の分析力が低い為、こういう時になるとまともに分析ができないのが原因なんですがw(相場が良いのか、銘柄が良いのかわからなくなってくるんですよね。←

で、上に書いたことが影響して、上昇している時には銘柄分析はまともできないし、指標面の解説を書くにもなんかモチベーションが上がらず……という感じになって、今のような状況になる訳です。

そもそも堅調なときは、指標の使い方だとか、銘柄分析なんて書いたところで自分としては特に意味が無いんですよね。
指標を見ても、分析を見ても、特に、心の支えになる訳ではないんですから。
相場が良けりゃそれだけでいいんです、変に分析しなくても、大体の銘柄は勝手に上がっていきます。
上昇している時は、そもそも心の支えがいらないんですよね。

軟調なときにこそ、指標の使い方だとか、銘柄分析を書くのが、自分の為になるんです。
たとえ下げていても、指標の使い方を勉強し、銘柄をしっかり分析することで、それが心の支えになる。
《下げれば下げるほど、自分にとって得になる》、軟調なときにそう思えるようになるんです。
個人的にはこれが重要です。


そんな感じで、今は特に、内容が濃い文章量が多いだけの記事を書くモチベーションがありませんので、暫くはこんな感じが続きそうですw

以上、最近の更新状況についてでした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m



 - 日記

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*