オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

とりあえず反発

      2014/11/09

今日の保有株含み損益は前日比+93,509円となりました。

アルバイトタイムスが前日比+9円の277円。
北陸電気工事が前日比-2円の555円。
ダイサンが前日比-9円の841円。
ミロク情報サービスが前日比+5円の497円。
ビーイングが前日比+8円の470円。
アサンテが前日比+10円の1341円。

シンプロメンテが前日比+5円の1215円と推移しています。

ポートフォリオ概観

主力のアルバイトタイムスが大きく反発したことが寄与しポートフォリオは上昇、全体としては1.4%程度のプラスとなりました。

先週は大きく下落したアルバイトタイムスですが、今日の上げでそのほとんどを相殺しましたね。
まぁ、先週の下落はファンダメンタルの悪化によるものではなかったですから、そのうちに回復するだろうとは思っていましたが……

中期・長期で持つ予定の銘柄はファンダメンタル要因以外での値動きに関しては、特に気にしないほうが気楽ですね(

現時点でファンダメンタル的に合格ラインに立っている
・アルバイトタイムス(1Q決算・良好)
・北陸電気工事(1Q決算・良好)
の2銘柄に関しては、よっぽどな悪材料が出ない限りは、たとえ下落がきつくともがっちりホールドをしていたいと思います。
(ミロク情報サービスも1Q決算が良かったですね。こっちはまだ分析していないのでまだはっきりとは言えませんが、多分、がっちりホールドになると思います←)

あと、ポートフォリオ構成銘柄で決算が出ていないのは、ダイサン・ビーイング・アサンテの3つですね。
ダイサンは9月に1Q決算を発表する予定なのでまだ結構先ですが、ビーイングとアサンテに関しては8/6に1Q決算発表が予定されていますので、そこでファンダメンタルを見極めて、ホールドか切るかどうかを判断したいと思います。

市況概観

今日の日本市場は、欧米の株式市場の動向に不透明感を嫌気してか、続落となりました。
値動き的には底堅いとは言えるのですが、様子見ムードも強い為、積極的な買いも入らず、じり貧な展開です。

指数的には、日経平均・TOPIX下落、JQ平均・マザーズ指数・東証2部指数はやや上昇しました。

売買代金(東証1部)は1兆8700億円程度と、微妙な水準。
東証1部騰落レシオ(25日)は前営業日比+2.89%の100.58%と上昇しました。

コメント

週末は、大阪に遊びに行っていた為、今週は日曜日に記事の更新ができませんでした。
(土曜日に始発で大阪に行き、日曜日は終電で岐阜に帰ってくるという謎のハードスケジュールでした←)
そのせいで、分析やらなんやらが遅れているので、平日や今週末で巻き返しを図りたいと思います。

以上、8/4の評価損益でした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m



 - 日記

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*