オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

隣の芝が青いなら・・・

      2014/11/11

【この記事は、前々回に書いた《隣の芝は青い》の続きのようなのもです、が、別に該当記事は読まなくても影響はないと思われますw】

ということで、ちょっと前の記事の続きです←
しかし、ただの日記という訳ではなく一応、自分の投資方針の大幅な変更などが含まれます。

え~、前回は方向感が乏しい中でも順調にあげている材料株が羨ましいなぁ・・・とかいう内容でした。
んで、実際に材料株を買ってみようかなぁという気持ちはあるが、指標等々を見ても全く安心できなくてやっぱり買いたくはない・・・と、そこまでは書いたかと思います。

そもそも、なんで材料株が羨ましいと思ったかというと、利益を上げられているからです。
いや、単純に利益が上げられているというよりは、効率よく利益が上がっているように見えたからですね。
自分のポートフォリオの上昇率(+8.16%)を大きく上回る数値を一日でたたき出すわけですから、そりゃ魅力的ではあります。
その銘柄に集中投資してたら、今頃どうなっていただろうなぁ・・・とか、まぁ捕らぬ狸の皮算用を脳内で繰り広げたりしましたw

で、そこまで妄想して一つ気付いたのですが、自分のポートフォリオは明らかに効率が悪いんですね。
個人投資家パフォーマンスランキング さんを見ても、自分が参加していた場合は週次パフォーマンスは下から数えた方が早いことになります。

で、効率の悪い大きな原因としては、

・分散投資のし過ぎ
・買うタイミングを意識しなすぎ

の2つが上げられます。

一つ目は言わずもがな、リスクを恐れるあまり効率を犠牲にしている典型です。
有名投資家は集中投資で効率よく利益を上げていることが多いのですが、自分は対極にいます。
分散投資で成功した投資家にベンジャミン・グレアムがいますが、グレアムの投資効率は集中投資を行っていた投資家の投資効率に比べて、やはり悪いと言わざるを得ません。

集中投資を行っているウォーレン・バフェットの格言には「一つのカゴに卵を全部入れてはいけない」というものがあります。
これは分散投資を推奨しているように聞こえますが、一方でこうも言っています。
「たくさんのカゴに卵を分散させてはいけない」と。

バフェットは分散するのは構わないが、それでもできるだけ少ない銘柄に集中投資しなさいといっているわけですね。
自分は所謂カゴ多すぎ状態なんだと思いますw
そもそも、効率よく利益を出してサラリーマンを辞めるのが急務なのに分散しすぎてるのって色々と破綻してます(


で、二つ目ですがこれは面白いデータがあります。
投資対象銘柄の探し方・買い方について》という記事で、自分はたまにテクニカル指標も使用すると書いたのですが、そのテクニカル指標を利用して購入した銘柄(新晃工業・アサンテ)は両方とも1か月で+10%という上昇率を達成しています。
逆に、指標を気にしないで、上がっているからor下がってるから、という理由で購入した銘柄(日本エスコン・ネクソン)は利益を出すまでに時間が掛かる傾向があるという結果が出ています。

つまるところ、買うタイミングもまずかった・・・とw

ということで、この2点を反省し、これまでの投資スタンスを刷新しようかと思います。

で、新しい投資スタンスがこちら

1.主に売却益を狙った短~長期投資
2.投資対象は割安株や成長株が中心
3.基本的に損切りはしない
4.分散投資は行わない。(1銘柄に集中投資を行う)
5.信用取引は利用せず、現物の日本株が投資対象
6.銘柄選択はこれまで通りの分析に基づいて選択する。
7.購入時にテクニカル分析を利用する。

赤く表示されているのが、変更・追加部分です。

まずは投資期間についてですが、これは以前の中長期投資よりもさらに大きく解釈します。
と言いますか、多分短期~中期の割合がかなり多くなると思われます。

ここで、ちょっとこちらのグラフを見てください
5

これは一日ごとに銘柄を変えて、一日+0.5%の利益を1年間出し続け、出た利益を複利で運用し続けた場合の資産推移を表したものです。
(1か月の取引日を20日として20×12で1年240日。税金は譲渡所得税20%(復興特別所得税なんて知らんがな←)。追加資金は月+6万×12、ボーナス時+14万×2の合計100万。手数料は1000円×2の2000円で計算しています。)

これも暇なときに皮算用して作ったグラフですが1年で約2.8倍ぐらいに伸びています。
実際はこう上手くいくとは思っていませんが、1日0.5%上昇≒2日間で1%上昇≒5日間で2.5%上昇と考えると、案外簡単に達成できそうな気もしませんか?
分散投資でポートフォリオ全体を0.5%上げるとなるとややつらいと思うのですが、1銘柄に注目して見ると1日1%上がってる銘柄を見つけるのもそう難しくないですからね。

そういう感じで、上記の一日0.5%上昇という設定を念頭に置いて、スウィング~ポジショントレード、場合によっては長期投資と臨機応変にいきたいと思います。


続いては集中投資についてですが、これはもう効率面から言って自分の目標達成に一番合っているからです。
「目標達成も大切だが、リスクヘッジのために分散投資するべきである。」という人もいるんでしょうが、まぁ正直言いまして、分散投資のメリットがあるのは「お金持ち」の方々に限られると思います。
お金持ちの方の場合は莫大な資産が減るリスクを抑えて、安全に資産を増やせばいいと思います、が、自分みたいな元金250万程度の奴が分散なんてしても、この場合は利益の方はたかが知れてます。
自分も安全に資産を増やしたいのは山々ですが、正直もうそんなこと言っていられないのでw

それに、しっかりした企業分析に加えて、テクニカル分析で底値を拾うようにすれば、それで十分にリスクヘッジできていると思いますので、集中投資に移行したいと思います。

・・・いつかお金持ちになったら、また分散投資に戻します←


で、銘柄選択についてですが、これは今までと変えません。
これは普通のスウィングトレードをする際とは異なりますね。
集中投資で短期~中期投資なのですが、テクニカル指標だけで判断する勇気は全くないです←
あくまでも、値下がりリスクを下げ、たとえ下がったとしても、将来的には絶対上がってくると思われる株。
そんな株にしか投資はしないです、それ以外の株には投資したくないですね。
ただ、回転率が今までよりかなり早くなる可能性がある為、購入候補銘柄を大量にストックする必要が出てきますが、銘柄のストックは現時点で大量にあるのでこれは問題ないと思います。

期間は変わりますがあくまでもバリュー投資&成長株投資がメインです。


で最後のはそのまんまですね。
楽天証券のテクニカルチャートを利用して買い時を見極めます。


以上、これが新しい投資スタンスです。

結局のところ、バリュー投資であることには変わりがないです。
ただ、期間に縛られなくなったのに加えて、集中投資になっただけですね。

というわけで、来週の初めに利益の出ている銘柄(多分、ネクソン以外)はとりあえず一旦利食いします。
それで出来た資金を1銘柄に集中させてみようと思います。

どういう結果になるかはよくわかりませんが、まぁ100万円ぐらいなら減っても追加資金分でトントンに戻せるのでとりあえず上昇相場の場合は試験的にこれで運用していきますw
(下落相場になったらこれまで通りのスタンスに変更します←)

以上、投資スタンスの変更についてでした。

ここまでお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m



 - 日記

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*