オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

【銘柄分析】北陸電気工事(1930)

      2014/11/09

現在、ウエイト第2位になっている北陸電気工事(1930)についての分析を書いていきます。

まず、北陸電気工事についての簡単な説明から。

= 基礎情報 =
北陸電気工事はその名の通り北陸3県が地盤の企業で、内線・空調管・配電線工事等を主事業としている企業です。
また、北陸電力系列の電気工事会社である為、北陸電力向けの仕事が多く、その仕事が売上高の約4割を占めているのが特徴です。

事業セグメント
北陸電気工事の事業セグメントについては以下の通りです。

設備工事業 【97.8%】
 ┗内線・空調管工事【58.0%】
 ┗配電線工事【23.2%】
 ┗その他工事【16.6%】
その他事業【2.2%】
 ┗不動産賃貸等

大半が設備工事業で、その中でも、内線・空調管工事の占めるウエイトが高いですね。
なお、前述の北陸電力向けの仕事というのは設備工事業の内の【配電線工事】が主のようです。

今期は北陸電力向けの配電線工事は停滞気味になる予想ですが、他の一般向けの工事は需要が旺盛になる予想なので、なおの事、ウエイトが内線・空調管工事に偏る可能性がありそうです。


= 成長性分析(定性分析) =

ビジネスモデル分析
特に、ビジネスモデルというビジネスモデルは存在しないようにも思えます。
事業的には普通の電気工事業ですので完全にレッドオーシャンですし、ビジネスモデル的には特に強みとなる部分は見当たりませんね。

現在は、電気・空調管など既存事業の更なる深掘りと、太陽光発電・再生エネルギー関連などの周辺分野への事業領域の拡大を図っているようですが、果たしてどう出るやら……

成長ストーリー分析
事業エリア拡大型の成長ストーリーを持っています。
現時点での事業範囲はほぼ、北陸3県(福井・石川・富山)のみですので、エリアの拡大余地はかなり大きいですね。
上記で述べた、既存事業の更なる深掘りと周辺分野への事業領域の拡大が実現できれば、伸びる余地が結構ありそうかな、という感じです。

= 定量分析 =
(数値は2014/7/27時点での数値です。)

北陸電気工事(1930)

= 基本情報 =
  上場市場 / 東証1部
  業種 / 建設業
  株価 / 524円


= 財務指標 =
= 成長性指標 =
  EPS
  ┗実績EPS / 93.10円
  ┗予想EPS / 96.78円
  PER
  ┗実績PER / 5.63
  ┗予想PER / 5.41
  株式益回り / 17.77%
  PCFR / 4.87
  PBR / 0.61
  EV/EBITDA倍率 / 1.59
  配当利回り / 1.91%
  予想配当利回り / 1.91%
  配当性向(実績) / 10.33%
  配当性向(予想) / 10.33%
ROE / 10.83%
  ┗売上高純利益率 / 5.19%
  ┗総資産回転率 / 1.11
  ┗財務レバレッジ / 1.88
  ROA / 5.75%
  ROIC / 9.18%
  自己資本比率 / 53.09%
  有利子負債自己資本比率 / 1.54%
  流動比率 / 185.35%
業績予想
 売上高成長率【予想】 / 0.6%
 営業利益成長率【予想】 / 4.1%
 EPS成長率【予想】 / 4.0%

 業績修正回数【過去2決算期】 / 上方3 下方0
 経常益/期初会社予想【過去2決算期】 / 1.4

成長率系指標
  売上高成長率【5年平均】 / 5.61%
  営業利益成長率【5年平均】 / 23.16%
  EPS成長率【4年平均】 / 71.06%
 加重平均成長率(※1) / 25.00%

割安性指標
 PEGレシオ / 0.23
 ジョン・ネフ指数 / 4.78

(※1) 加重平均成長率
年平均売上高成長率を35%、年平均営業利益成長率を30%、年平均EPS成長率を35%、というウエイトを設定し、加重平均した値。
式 = {(3~5年平均売上高成長率)*35%}+{(3~5年平均営業利益成長率)*30%}+{(3~5年平均EPS成長率)*35%}÷100%

PEGレシオ、ジョン・ネフ指数を算出する際に必要となる成長率はこれを用いる。
出てきた数値が25%を超えた場合は、切り捨てで25%とする。(成長率の上限は25%とする。)


【ポジティブ要素を赤色、ネガティブ要素を青色、どっちでもないものは緑色、で表示しています。】
【なお、色々な指標を用いていますが、ほとんどの指標はこのブログ内に説明文がありますので、ブログ内検索で指標名を検索して頂ければ説明が出てくるかと思います。】



株価指標(割安性指標)に関しては、文句なしの数値が出ていますね。
収益面から見ても、資産面から見ても、だいぶ魅力的な水準です。

あと、個人的には配当性向が低いのはgoodです。
成長している企業が、成長の為に内部留保を多めに確保するのは、株主にとってもプラスになることが多いですからね。
(ただし、成長性の低い安定企業は配当性向が高くあるべきである。成長しないのなら、配当ぐらいでしか株主還元出来ないからだ。)

ただ、PBRに関していえば、この企業と同じような事業を行っている同業他社(※2)も同じような水準ですので、相対的に見ると資産面での評価はあまりあてになりませんね。

実際に、同業他社の平均値を見てみますと

実績PER / 17.09倍
予想PER / 17.74倍
益回り / 6.96%
PBR / 0.61倍
配当利回り / 1.90%

という感じになっており、PBR・配当利回りに関しては平均と同程度、PER・株式益回りに関しては、同業他社と比べてずば抜けて良い、という感じですね。

この業種に属する企業は、どうやら内部に多く資産をため込む体質があるようです。

(※2)同業他社
電力会社系列で電気設備工事を行っている企業の事。
ここでは、きんでん(1944)、関電工(1942)、九電工(1959)、トーエネック(1946)、ユアテック(1934)、中電工(1941)、四電工(1939)の7社を同業他社としています。
(ちなみに、北海電気工事(1832)も同業他社なのですが、札証銘柄で、且つ、大赤字という、色々とアレな感じなため、今回は外しています。)



株価指標を総合的に見ると、収益面ではかなり優秀と言っても良いでしょう。
資産面も同業他社と比べれば平凡なラインですが、市場全体的に見ると優秀な部類です。
割安さに関していえば、かなり優秀と判断できますね。


さて、続いては財務指標ですが、こちらは…平均よりはマシだけど、優秀とも言い難いかなという感じです。

ROEが2桁で、ROICが年々伸び続けていて、且つ、有利子負債が少ないというのは優秀な点ですが、見どころはそれぐらいでしょうか。

ROEの内訳を見てみると、売上高純利益率がずば抜けている訳でもないし、レバレッジは多少高めだし……という感じで、質はそこまで良くないかなという印象ですね。

ただ、同業他社の平均値を見ると

ROE / 4.09%
ROA / 2.39%
ROIC / 2.35%
売上高純利益率 / 2.88%
財務レバレッジ / 1.87倍

という感じになっており、ROE・ROA・ROIC・売上高利益率では優位に立っており、且つ、レバレッジも平均値程度という事が分かります。

同業他社と比較すると、なんやかんやで優秀な数値なんですよね。

財務指標を総合的に見ると、ずば抜けて良い数値は出していないが、同業他社や市場平均よりは高めの数値になっており、優とまではいかないが良、程度の評価は出来るかな?という感じですね。


最後に、成長性指標ですがこちらは結構優秀です。

会社の業績予想が総じて微妙なんですが、平均成長率はかなり優秀な部類ですし、業績の上振れが多いという点がプラスポイントですね。

この企業は、最初の方は保守的な業績予想を出すが、後になってなんやかんやで上方修正をするというタイプなんでしょうね。

PEGレシオ・ジョンネフ指数に関しても、かなり優秀な数値を残していますので、成長性に対する割安さというのも文句なしのレベルですね。

成長性指標を総合的に見ると、かなり優秀だと判断できますね。

さて、指標面での評価は以上ですね。

あと、指標面以外で注目している点は

・株主優待を設置していない点
・投資単位が1000株単位である点

の2点でしょうかね。
前者はポジティブ材料(株主優待設置時の急騰期待)、後者はネガティブ材料(流動性の低さ懸念)です。

現時点では1単元を買うのに50万超かかりますので、あまり気軽に投資できないんですよねぇ……w
100株単位にしてくれたら、少ない金額からでも投資できますし、流動性も上がって良いんですけどねぇ……

総合的に評価すれば

割安感 ★★★★★★(超割安)
将来性 ★★★★★(拡大余地が超大きい。が、ライバルは多い。)
経営力 ★★★(平均以上だが凄くもない。)
健全性 ★★★★(有利子負債が少なく、まずまず。)
意外性 ★★★★(上方修正と優待設置に期待。)

総合力 ★★★★

という感じですね。

長い目で見て保有すれば報われそうな気がするので、とりあえず、ファンダメンタルが悪化しない限りはホールドを続けたいと思います。

とりあえず、今週に発表される1Q決算に注目ですね~

以上、北陸電気工事についての分析でした。

ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m



 - 銘柄分析

  関連記事

Comment

  1. ぴよたん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    北陸電気工事、分析拝見させて頂きました。
    とても素晴らしく、詳細なもので他社比較が素晴らしいです。
    参考になりました。

  2. Vision より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >>ぴよたんさん

    コメントありがとうございますm(_ _)m

    今後も銘柄分析の際は、なるべく他社比較などを行っていく予定ですので、これからもどうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*