オタク系高卒サラリーマンが株でブルーカラー脱出を目指す!

オタク系高卒サラリーマンがバリュー投資で資産運用して、30歳までにブルーカラーからの脱出を目指す!! ジョン・ネフ、ベンジャミン・グレアムに倣った資産バリュー投資・収益バリュー投資を軸にして、割安に放置されている株を狙っていきます。

*

簡単な理論株価の求め方 その4~無料のツールを利用する~

      2014/11/24


株価

自分が銘柄選択を行う際に重視するのは割安性だったり成長性だったりするのですが、その中でも割安性を計る際には《理論株価》を用いて、割安・割高を判断することがあります。
この理論株価が絶対的な指標というわけではないのですが、理論株価と実際の株価の乖離を求めることで、ざっくりとですが投資先の安全性(底堅さ)や将来性(上値余地)を知ることができるので、自分はそれなりに重用しています。

今回は、この理論株価を求める際に役立ちそうな《理論株価の簡単な求め方》を解説していこうかと思います。
なお、この《理論株価の求め方》シリーズは複数回の掲載を予定しています←
最終的には4~5種類ぐらいの求め方を紹介していくことになると思いますので、興味のある方はお付き合いくださいm(_ _)m

という事で《理論株価の求め方》シリーズの最終回です。
今回は、今までの中で一番簡単な算出(?)方法について書いていきます。

第1回(成長株向け) / 簡単に理論株価を求める方法 その1~日経マネー(2006年10月号)方式~
第2回(割安株向け) / 簡単な理論株価の求め方 その2~アクションラーニング《日根野 健》氏方式~
第3回(割安株・資産株向け) / 簡単な理論株価の求め方 その3~理論株価web 《はっしゃん》氏方式~

簡単な理論株価の求め方~無料のツールを利用する~


一番楽な方法ですね←
ネット上のサイトや、証券会社の無料ツール等を使って、理論株価を求めます。
……いや、求めるっていうほどの事でもないですね、全部自動でやってくれますしw

正直、自分もこの方法を一番愛用しています←
ここでは、理論株価を自動で算出してくれる無料のサイトやツールを2つ挙げます。

1.理論株価web

 

理論_1

理論株価Web

……昨日の記事の算出方法で、自動で理論株価を算出してくれるサイトです。
説明文によると《4000銘柄の理論株価、財務評価、評価スコアを毎日更新》しているサイトのようですので、決算で上方修正や下方修正があっても、多分すぐに反映してくれます。

……なんで多分なのって感じかと思いますが、自分はここはあんまり愛用していないんですよね←
なので、決算後にすぐに反映してくれるとかは自分では確認してないので、憶測です(
説明文通りだったら、多分、更新してくれているでしょう。

使われている算出方法

理論株価=事業価値+資産価値

事業価値=(予想EPS*ROA*150)*評価率
資産価値=(BPS*係数)*評価率

理論株価={(EPS*ROA*150)*評価率}+{(BPS*係数)*評価率}

※係数と評価率に関しては、以下の記事をご参照ください。
簡単な理論株価の求め方 その3~理論株価web 《はっしゃん》氏方式~

コメント

昨日紹介した算出方法で自動で算出してくれるので、その方法で算出したい場合はここを使うと楽ですね。
……このサイトがあるなら昨日の奴は別に紹介しなくても良かっただろ、と思われるかもしれませんが、このサイトはあくまでも現在の理論株価を求めるだけ。
将来的にこうなるだろうという予想の基に、自分で数値を当てはめ、将来の理論株価を求めたい場合には向きません。

なので、一応、算出方法だけを昨日紹介したという訳です。

2.GMOクリック証券~株価分析ツール・シミュレータ~

 

理論_2GMOクリック証券・株価分析ツール

理論_3GMOクリック証券・シミュレータ

GMOクリック証券の口座を開設していたら無料で使用できるツールを使用して理論株価を知る方法です。
現在時点での理論株価を求める《株価分析ツール》と、未来の理論株価を求める《シミュレータ》の2つがあります。

元々は有料のツールなのですが、GMOクリック証券に口座を開設することによって無料で使用できるようになります。

使われている算出方法

不明。

コメント

理論株価を算出する際に、自分が一番よく使うツールです。
元々有料だったツールの算出方法を用いている為、何となくですが信頼は出来ます(
GMOクリック証券の口座さえ開いていけば、理論株価を求める以外にも、《財務分析ツール》《経営分析ツール》も使用できるので、理論株価分析だけじゃなく、ファンダメンタル分析全般が楽になるので、オススメです。

↓口座開設はこちらから

なお、ツールの使い方については以下のページが参考になりますので、もし利用する際は是非ご参照ください。
企業分析ツールの紹介(バリュー投資)

まとめ

  • 無料ツールを使用することで、簡単に理論株価を求めることができる。
  • 特に、GMOクリック証券の分析ツールが優秀で信頼できる。

理論株価についての総まとめ


理論株価は絶対的な指標ではありませんが、利用の仕方次第では保有株の現状・将来を計ることができる便利なツールです。
今回のシリーズでは、自力で理論株価を求める方法を3つ、無料ツールを用いて求める方法を2つ紹介しました。
ちなみに個人的には、現状の理論株価を無料ツール(GMOクリック証券の株価分析)で求め、将来の理論株価をGMOクリック証券のシミュレータ・日根野氏の算出方法はっしゃん氏の算出方法で求めるという手段を用いています。

自分は上記のような方法を用いていますが、これが正しいとは限りません。
皆さんも自分なりの組み合わせや算出方法を考えて、自分の使いやすいようにリアレンジしていってくださいね~

以上、理論株価の求め方についての総まとめでした。
ここまでお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

 - 理論株価の求め方

  関連記事

株価
簡単に理論株価を求める方法 その1~日経マネー(2006年10月号)方式~

自分が銘柄選択を行う際に重視するのは割安性だったり成長性だったりするのですが、そ …

株価
簡単な理論株価の求め方 その3~理論株価web 《はっしゃん》氏方式~

自分が銘柄選択を行う際に重視するのは割安性だったり成長性だったりするのですが、そ …

株価
簡単な理論株価の求め方 その2~アクションラーニング《日根野 健》氏方式~

自分が銘柄選択を行う際に重視するのは割安性だったり成長性だったりするのですが、そ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*